結婚相手を探す

結婚相談所で必要な出費

生涯の伴侶となる結婚相手を紹介してくれるサービス業をしているのが結婚相談所です。結婚相談所の会員になるには、それぞれの結婚相談所が定めた条件をクリアしていること、そして決められた入会金や会費を支払うことが求められます。 入会金や会費はそれぞれの結婚相談所で自由に定めています。入会金は0円〜200,000円位が一般的で、会費は1か月2,000円〜12,000円くらいが相場となっています。 お見合いを申し込んでOKをもらったらホテルのラウンジなどでお見合いをすることになりますが、そのお見合いをする時にも一回あたり5,000円位のお見合い料が必要になります。そして交際が順調に進みプロポーズが成功したら100,000円ほどの成婚料を支払う必要があります。

江戸時代からあったサービス

独身男女を引きあわせるサービスは江戸時代からあったそうです。江戸時代は町医者がその地域に住んでいる独身の男女を引きあわせる役割を持っていたそうです。町医者は顔が広く人々に人望があったため、縁結びをお願いするのに最適な職業だったのです。 今のような結婚相談所の元祖であるお見合い斡旋所が誕生したのは明治時代になってからのことです。明治時代は幕末の戦いで多くの若い男性が戦死したため、独身の女性の結婚相手を探す結婚相談所は繁盛したといいます。 時代は流れて1970年代に入ると今の「データマッチング型結婚相談所」の元となった結婚情報サービスが誕生しました。コンピュータが自動的にパートナーを選ぶシステムになっていて、今では大手結婚相談所のほとんどがデータマッチング型で運営しています。